上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
翌日は朝からPeppermillというホテルのバフェでブランチ。
私も主人も朝からローストビーフや、カニ、大量のデザートをいただいた。
これぞ旅行した日の朝食!!普段はこんなに朝食べないのに。

きら

お腹もいっぱいになったところで、さっそくレストランの出口から広がる
ギラギラのカジノに吸い込まれ…♪
主人とは別の種類のスロットマシーンを始める。

前日に最高で$80稼いだ私達。最後に失った$30を取り戻すべく、
昨日よりはるかに慣れた手つきでガッチャンガッチャン掛けまくる!

が…、あっという間に手始めにと掛けた$40が消えてしまった…。
え!!??うそ!!??私やっちゃったの??

しょんぼりしながら主人のところへ。
最後の望みをたくしてみるが…主人も「今もち直してるから!!」と言いながらも
結局は赤字らしい。ここらへんが止め時か…。
二人で合計$30ドルの損失でした…。カジノの入場料だと思おう!!(TT)

海

その後車で1時間ほど綺麗な景色をドライブしてレイクタホへ。
シエラネバダ山脈東部にあるこの巨大湖は、透明度の高い真っ青な湖
カリフォルニアとネバダの州境にまたがっている。

冬はスキーやスケートが盛んで、湖から少し離れた
スコーバレーでは1960年に冬季オリンピックが行われたらしい。
空気も綺麗だし、景色は最高!!$30ドルの事は忘れることができた!!

オリンピック

気のせいかも知れないけど、ネバダからカリフォルニアに入る州境で、
道路が急に悪くなったように感じたのですが…?
ネバダはずっときれいな舗装道路が続いていたのに…?

私達の失った$30が、カジノが州に支払う税金となり、
こうやって道が綺麗になっているのだと勝手に納得。

ネバダの税金はいいとして、本来の目的である私達のブラジル旅行費は…??
まあまあ、いいか…。(涙)
スポンサーサイト
2006.05.30 リノ旅行記
この連休は土曜から1泊でリノ-レイクタホへ行ってきた。
我が家から車で約4時間!!この間のヨセミテよりちょっと遠い旅。
しかーし!ブラジル旅行費を稼ぐために行ってきたのだ!!

どう

気持ちよく晴れた空の下、車を走らせる事約2時間。
まずはカリフォルニアの州都であるサクラメントに寄り道。
中央にあるのは立派な建物!中に入って見学することもできる。
歴代の知事の大きな肖像画の中にはロナルド・レーガンも。
残念ながら休日という事でシュワ知事に会うことは出来なかったが、
シュワ知事がいつもお仕事しているというオフィスの前で記念撮影♪

はた
シュワ

その後、「オールドサクラメント」という、
ゴールドラッシュ時代の雰囲気が残る町並みをお散歩。
西部劇の中に入ってしまったような雰囲気を満喫した☆

そして一路リノヘ!!途中、山を越えるところではぐんぐん気温が下がり…、
なんと吹雪に見舞われたのだ!!道端にも雪が沢山残っていて、
まるで冬に逆戻りしてしまったかのよう。私の運転でなくてよかった…。

部屋

そして到着したリノ♪♪さっそくカジノへ!
ポーカーやらのルールが全く分からない私達はひたすらスロットマシーン。
ちびりちびり25¢の台でケチケチ遊んでたところ…、
なんと私はすぐにジャカジャカと$50程儲かってしまった!!

利の

主人もツラレてなんと$30儲かり…、二人合わせて$80(約9000円)の黒字に!!
うはは!!簡単ではないかっ!!

しかし、気をよくした主人はさらに掛け続け、
あっと言う間に$30失ってしまった…。

まあまあ今日のところは私の儲けがあるので許してやろうと、
かなり高いところから主人を見下ろした気分になってカジノを後にした。

そして次の日…。
明日に続きます♪
今日はESLのインターナショナルデイだった。
朝8時に家を出て、クラスメートの家にお邪魔し、
着付けの出来る方に私を含めて3人も浴衣やお着物を着せていただいた。

雛

久しぶりの浴衣の感覚。
日本にいたときも苦手意識があってあまり着た事がなかった。
でもここはアメリカ!!似合ってようがいまいが、
着こなし方が可笑しかろうが、着てしまえ!!というノリでうっかり着てしまった。
が、浴衣は2つ持ってる方に借りたのだが、下駄がないっ!
持ってる中で一番カカトが低く、目立たないデザインのサンダルで臨んだ。
やっぱりみんなも下駄に苦労したらしく、足もとはサンダルやビーチサンダル!!

教会の中はもう各国の伝統的なものが国ごとに並べてある。
イランの美しい食器。タイのキレイな民芸品…。
日本コーナーには立派な生け花やら本物のお雛様がっ!!すんごい!!
日本人である私が大興奮してしまった。

食器

それぞれの国の出し物もすばらしかった☆
台湾の少数民族の衣装を身にまとったダンス。
メキシコ女性の情熱的な踊り…。

日本チームは一番最後だった。早速真っ赤な毛氈を敷き、
お琴とお茶の道具を運ぶ。着物や浴衣姿の私達が静かにお茶をたて、
「六段」をひくお琴の音色が流れる…。
5人のゲストを呼び、抹茶を飲んでいただいた。
結果は大成功!みんなに楽しんでもらえたようだった♪

帰ってきた私はクッタクタに疲れて、
久しぶりに結った髪をそのままにしてお昼寝してしまった…。

帰ってきた主人はボサボサヘアのまま夕飯の準備をしてた私に向かって、
「今日はそんな疲れきった髪型で行ったの?」
としきりに心配してました…。そんなっ…。
クッキー

明日は私が通うESLの教会でインターナショナルデイがある。
それぞれの国の生徒で相談して出し物を決め、
歌や踊りをみんなに披露するという文化祭みたいなもの。

昨年日本人チームはマツケンサンバを踊ったらしい…。
今年は練習の要らないものを…と茶道のお点前の披露と、
お琴を持っている方がいるので、お琴の伴奏つきで
「サクラ」をうたうことに。

今日も簡単に打ち合わせをしてきた。
一応、サクラの歌詞は千代紙に貼って用意してあるし、
真っ赤な毛氈を持ってる方がそれを貸してくださるという。
出し物の準備はほぼOK!

そして悩ましいことがひとつ。「手作り」で、
みんな一人ずつそれぞれの国の食べ物を持ってこなくてはいけないのだ。
いろんな国の食べ物をみんなで味わうというもの。困った…。

新米主婦の私。チラシ寿司やおいなりさんを持ってくるという
先輩奥様は余裕の表情。どうしよう…。

枝豆ひとふくろ解凍でよいでしょうか?」「じゃ冷奴では…?」と伺う私。
冗談だと思われてしまった…。

この間のランチで肉じゃがが好評だったことを思い出したが、
持って行くまでに、汁がピッチャピッチャするのも困る。
色んな宗教上の理由でお肉が食べられない人もいるし…。

材料

ということで、抹茶クッキー100枚焼いときました♪♪
これでいいだろっ!!くーっ、疲れた…。

帰宅した主人に味を見てもらう。「おいしい」って!!わーい♪
っていうか、持って行く分、残しておいてよ…。
来週月曜はメモリアルデイというアメリカの休日。
戦没者追悼の日らしい。土日を足すと3連休になる!!

今月はヨセミテに旅行したし、来月はブラジルに旅行する私達。
重なる出費が痛い!!ということでこの3連休をどうするのかというと…
前向きな私達は、リノ-レイクタホ1泊旅行を計画!!!
ギャンブルで旅行費をがっつり稼いでくるという計画を立てた!!!

金1

片道4時間弱のドライブ。せっかくなので、
途中、カリフォルニアの州都であるサクラメントに寄って、
州知事であるシュワちゃんがお仕事するお部屋等を見学する予定。
運がいいと会えるらしい!!!会えたら「I'll be back!」とでも言ってみるか。

そしてリノへ。リノはラスベガスのミニチュア版と言われているカジノの街。
たしか「天使にラブソングを」は、リノの歌姫だったウーピーが、
マフィアに追われてサンフランシスコの教会でシスターになるお話だった。
(そのサンフランの教会も本当に実在する!)
映画の最後ではリノの街をシスター達とマフィアが追いかけっこしてた。

小さな街に一攫千金の夢をもった観光客が訪れることから、
世界で最も大きくて小さい町」と呼ばれているらしい。

いっかくせんきん!!!
なんて甘美な響き♪♪これぞアメリカンドリーム!

とりあえずのホテルは予約したけど、都合によっては
「サーカス・サーカス」とかのスイートに泊まる事にもなるかもしれないし♪
行きは運転していくけど、帰りはリムジンで送ってもらうかもしれないし♪
ブラジルなんてファーストクラス、いや自家用ジェットで行くかもーっ♪

キャーっ!!楽しみーっ!!(><) 
でも念の為、今日お茶した友達には、「万が一、リノで車とか取り上げられて、
夫婦揃ってレストランの裏で皿洗いする事になったら…迎えに来てね…。」
ってお願いしときました…。
先週、先生に遅めの母の日のプレゼントをしてからもう1週間。
今日もまた火曜日がやってきた。

ラグーン

実は先週の授業中、「Excuse me…」と授業を見に来た女性がいた。
私達の教室となるゲストルームは、ジムの隣にある。
ジムでエクササイズをした帰りに、ちょこっと覗きに来た感じだった。

「これは英語の授業をやってるの?」
という彼女。とっても美しい顔立ち。
私達はよく、生徒みんなで声をそろえて詩を朗読したりしているので、
それが聞こえたのだろうか。

テキスト

「私も今度参加したいのだけど」と言う。
ウエ~ルカ~ム♪♪♪みんなで自己紹介。
毎週火曜のこの時間ということを先生が伝えた。

ということで、私は今週の火曜を楽しみにしていたのだ♪
今度はどこの国の人と仲良くなれるのだろう…。
台湾の女の子が連れてくる赤ちゃんはさらに何語であやされるんだろう…。
ワクワク☆そして授業がいつものように始まって…。

来ないのかねーとみんな心配しながら話していたところへ、
彼女は少し遅れて入ってきた☆よかった!
アルゼンチン出身だという。ホストファミリーと暮らしていて、
7月にはシアトルに引っ越す予定なのだとか。
一緒に勉強できるのはあと2ヶ月ないのか…。なんだか残念。
でも、限られた時間の中で一緒に楽しく勉強していこう!!

家に帰って主人に報告。
「アルゼンチンの女の子がきたよー♪」というと、
「おー、手強いな…ライバルか…」と意味不明な返事。(謎)

もう頭の中は来月のW-CUPでいっぱいらしい…。
しかもいつものことながらブラジルを熱狂的に応援…。(!!)
に、ニホンの敵ですけど、いいのかっ!!??
土曜に取れた歯の詰め物。
今朝9時になるのと同時に予約の電話をして、見てもらった。

歯医者

歯医者さんはこのエリアでは有名な日本語OKなとこ。
いつも行く日系スーパーの近くにある。
主人が3月に親知らずを抜いたときにお世話になったとこは
私には遠すぎるかもという理由で新しいところを開拓☆

日本語ができるとは言っても、行くまではすごく不安でいっぱいだった。
一緒に来てくれない?」と主人に甘えてみるも、
「日本語なんだし、一人で行けるでしょ!?そんなことで仕事休めないよ」
とびっくりされてしまった…。(寂)

仕方なく、一人で地図を頼りに行ってみる。
受付の感じは日本と一緒だ。日本人の女性が対応してくれる。
住所・電話番号とか、アレルギーの有無を紙に書いていく。
そして、ドキドキの初診察室…。

倒れるイスがあって、横にはうがいする紙コップ。
頭上にはライトがあって…よかった!日本と一緒じゃないのっ!!
先生ももちろん日本人のやさしいおじさま。
私の不安をわかってくれてるようだった。

今回は取れた詰め物をもう一度詰め込むだけなので、
時間もあまりかからなかったし、ガリガリもされなかった。
でも、先生が女性の歯科衛生士の方とお話するのは英語。
私の口の中を見てカルテを作成してるみたいだった。
「№1 is Missing…№2 is…」って。
私は親知らずが全部抜いてあるのでそれがMissingなのか…。
歯科衛生士さんが「イス倒しまーす」とか「痛い?」とか言うのも英語だった。

やっぱり違和感あるなあ…。あと、当然だけど靴のままで
診察台にあがるのも「おーアメリカだ」って思った。
こうやって色々経験して強くなっていくのだ!私は頑張ったぞ!

でもやっぱり歯医者は日本で知ってるとこに行くほうがいいなあ…。(小心者)
2006.05.22 手料理とは。
日曜日恒例の目的のないお出かけ中のこと。
夕飯の話になり、「もやしがいっぱいあるんだよなー」
という私の一言に、「じゃあ今日は俺が作るよ!」
と自信たっぷりに言い放った主人…。

燃やし

主人はよく夕飯を作ってくれるのだけど、
かなりの創作料理。オリジナルキュイジ~ン♪
前回は野菜炒めの仕上げに溶き卵を流し込んだものを作ったこともあった。
昔、カレー味のそうめんを作ったこともあるという…。
そんな主人が作ってくれると言うのだ。心配…。

きむち

やる気満々になってきた主人は、
帰りにNIJIYA(日系スーパー)に寄ってなにやら必要なものを購入。
キムチの素?ニラ?何を作るんだろう…。

帰宅してさっそく取りかかる主人。
いつものことながら、自分が料理すると言いながら、
「じゃあ鶏肉切ってくれる?」「ニラを切ってくれる?」
と私を助手にして、ひたすら司令塔に徹している…。
そして、「炒める」とか、「味をつける」とか、
手の汚れないとこだけ料理に加わる。

鍋

そして出来上がったもの!名付けて「オリジナル韓国風ナベ」。
ニラともやしとキムチと豚肉、チキンがたっぷり入っている。
そして、さいごの〆にうどんを入れる。

味は…キムチが効いてなかなかイケルのでは!
今日はお腹いっぱいまで食べられる物でよかった!!

と、ホッとして満足するも、案の定食べっぱなし…。
もちろん鍋を洗うのは私らしい。そこで…。

サンフランシスコ平和条約 台所版
・料理をするときは最後の片付けまで行う事。

を可決致します。拍手!!
今日も仲良しの元同期が遊びに来てくれた!
主人と私と同期の3人でサンフランシスコの町へ。

橋

そこでランチに入ったのがユニオンスクエアから近い、
PUCCINI&PINETTI。なかなかおいしいイタリアンだった♪
お値段もちょうどお手ごろだし、店員のサービスもGOOD!
同期も大満足してくれた☆

その後街をブラブラ♪その後主人は一人で美容院に行き、
私達はおしゃべりしながら、街中のSIZE 6 1/2のサンダルを
試したんじゃないかってくらい靴屋さんを見て回った☆
こういう時間を仲良し友達と過ごすのって、
女の子として生まれてきてよかった!って思える♪本当に大満喫。

美容院が終わった主人と合流して、ゴールデンゲートブリッジを渡る。
同期は久しぶりのサンフランシスコの街を喜んでくれた。
記念撮影もいっぱいしたし☆

これからちょこちょこサンフランシスコには
仕事で来ることになりそうだという彼女。
やったー!!やったー!!いっぱい会えるねー!!
いろいろ行きたいところがあるようなので、私も運転の腕を上げないと。

お互いの入社の頃からを知ってる仲良しと、
ぺちゃくちゃ話しながら街を散策してると…。
なんか口の中が…!!さっきのレストランで入り口においてあった
キャンディーをほおばっていたのだけど…。

あめ

きゃーっ!歯の詰め物が取れたっ!!いやーんどうしよう…。
キャラメルを噛んでしまって詰め物が取れ、よく歯医者に行ってたなー…。
やってることが全く成長していない。

という事で、近いうちに私ははアメリカ歯医者デビュー
をすることになりそうです(涙)。 でも痛くないし取れただけだから、
アロンアルファで付けてしまってもよさそうに見えるんだけど…。
うーん、やめとくか…。
今日は月に1度のお花のお教室。
先月はスクエアリースを作った♪今月はキレイなアレンジメント。

アレンジ

さっそく先生のお宅にお邪魔すると、
先月同様もうかわいいお手本が飾ってある!!
今月こそこんなすごいの無理なんですけど…。(焦)

かわいいケースにオアシス(お花を挿していくスポンジ)
をセットするところからもうぐちゃぐちゃにしてしまった私…。
まるで粘土細工みたいな土台になってしまった。

「結局は見えなくなるから大丈夫だよ」とお友達になぐさめられながら
先生の指示通りにお花を挿していく。

早くぐちゃぐちゃのオアシスを隠したい私は、
隙間を見つけてはカスミソウやらスイトピーやらを挿し込んでいく。
というより、押し込んでいく…。

その結果…できたものは!!
みんなのはかわいらしいクレッセントのプチブーケみたいなのに、
私のは豪華絢爛派手さナンバーワン!!オホホっ!!!

バラとデンファレ(蘭)が「自分のほうがキレイだわっ!」
って自己主張しているようなアレンジメントになってしまった…。

家に持ってきてしまえば私だけのかわいい作品に見えるのだけどね…。
焦りは禁物…。絶対来月こそはかわいらしいのを作るぞ!!
と心に誓ってみたが、6月から8月まで夏休みという事でお教室はないらしい。

ってことは…まだ2回しか参加していない、ルーキーな私は
きっと4ヶ月ぶりのお教室ではまた振り出しに戻ることに…?

またきっと焦って、すごいのを作ってしまうのだろうか…。(不安)
ここに引っ越してきてもう6ヶ月経った。本当にあっという間だった…。(驚)
最初来たときは運転も出来ず、お友達もいなく、本当に毎日大変だった。

本

どこにどんなスーパーがあって、何がどこで買えるのかも知らなかった。
主婦業も初めてだったから、毎日お料理の本を見て
昼過ぎには何を作るか決めて…、というか、
自分の腕で何が作れるのか確認して、出来そうなものがあったら
家から一番近くて曲がらずに行けるスーパーにのろのろと運転していく。

日系のスーパーもあるけど、最初の頃は遠く感じて1人で行けなかったし。
電話がかかってきても出られなかったし、
マンションの中でも人に会うのが怖かったくらい。
英語を多少は使って仕事してたはずなのに、
全く使えなくなってしまったような感覚になってしまって、
届いた荷物を受け取る事さえめんどくさく感じていた…。

でも今は色々な事ができるようになったし、頼もしいお友達が沢山できた!!
英語にも慣れてきたし、今日はREDWOOD CITYまでお買い物に行ってきた♪

先日、義理の妹がドイツにお引越しした☆
主人の弟が駐在で一足先にドイツに住んでいて、
お家が決まったためそこにお引越ししたのだ。
今の私は「海外生活楽しいよ!」って言えるのだけど、
慣れるまでしばらくは戸惑う事が多かったからやっぱりちょっと心配してしまう。

海外で生活をしている人はみんな何かしら戸惑う経験をしてるはず。
でもそれを超えるとものすっごく充実した日々が待ってる気がする♪
気持ちを分かち合いながら一緒にガンバロウと1人で勝手に誓ってみる。
スカイプにも入ったからパソコンで顔を見ながらおしゃべりできるし!!

でも、今ドイツに行けるなんて…!!世界中の人がドイツに注目してる今。
サッカー好きの主人は相当うらやましいはず。
というか、お祭り好きの私もかなりうらやましいっ!!!(憧)
だって4年に1度の世界が注目するイベント!!!いいなー♪

という私は「オフサイド」が何なのか分からないのですけどね…。(焦)
今日はランチパーティを開催♪♪
いつもタイ人のお友達においしいパッタイを作ってもらったり、
台湾の男の子にカニ料理を作ってもらったりするので、
今日は授業を休んで、みんなを私がご招待!!

夜のESLに来ている台湾の女の子は赤ちゃんがいる為朝の学校に来れず、
なかなかこちらで同郷のお友達ができないというのを聞いた私は
ムクムクとおせっかいゴコロがわいてきた。
これは午前中のクラスにいる台湾のお友達を紹介できるチャンスだ!
と張り切りまくって声を掛け、気付いたらなんと総勢7名+赤ちゃんに!!

table

こんな大勢のお料理なんてしたことないかも…。
しかもみんな和食を期待してるのに…。
とりあえず枝豆サラダを作ってみる。7人か…。(冷汗)

そこで思いついたのが、「焼きソバ」!!
こりゃいいね!みんなアジア出身だから嫌いな味ではないだろうし、
何より簡単に作れる。ホットプレートを使えばなんだかBBQ気分も味わえるし♪

そして授業が終わったみんながみんながぞくぞくとやってきて…。
わーい!だーい好評!!!肉じゃがも大なべに作っておいたのだけど、
このソースがおいしいって喜んで食べてもらえて…。(感涙)

soba

タイ出身の友達はダークチョコのマフィンをデザートに持って来てくれた。

FAH

これもまたビターでおいしかったーっ♪
日本人のお友達に焼きソバ作りを手伝ってもらって、
みんなでもりもり食べながら、わいわいおしゃべりすること約4時間。
台湾の女の子も久しぶりに北京語でおしゃべりできたらしく、
すっごく喜んでもらえた。最後にみんなとメールアドレス交換してたし☆

こうやって色々文化の違いを発見するのは楽しい。が…、
みんなが肉じゃがの煮汁を「これ飲んでいい?」「もっとスープ入れて」なんて言ってて…。きっと私達日本人も普通食べないようなものを食べて、
びっくりされているんだろうなーと改めて認識したのでした…。(汗)
今日は火曜日。マンション1階のESLに夜行く日♪
実は先週、ロシア人のおじいちゃんが授業後にこっそり私達に提案。
母の日があるし、いつもお世話になってる先生に
お花をあげたらどうか?」って。大賛成!!!!

お花

私達生徒はみんな違う国から様々な理由へここへ来て、
生活に慣れようと、そして英語を覚えようと頑張っている。
そんな私達にとって、何よりも信頼できる人。

「こんなものはここで売ってるわよ」なんてことから、
先日はおじいちゃんが病院に行った際にドクターに伝える、
症状や薬のアレルギーを紙に書き出すお手伝いをしていた。
困った事があると、みんなまず先生に聞く。
これはもうお母さんみたいな存在!!

ただ先生には子供がいるのか、本当のお母さんであるのか誰も知らないし、
先生より年上のおじいちゃんたちまで、
「母の日」としてプレゼントをあげていいのか、
アメリカ的に失礼になりはしないか、みんな心配していた。

でも、教会のESLでも先生に「母の日」のプレゼントをしたし、
ここは私達の気持ちだから…ということで決行。
授業前にみんなからカードとお花、ロシアのチョコレートをプレゼント。
先生は…すっごく喜んでくれた!!!

「おじいちゃんから赤ちゃんまでいて、ここは家族みたいなクラス。
みんなでお互いを心配しながら
異国の地で暮らす大変さや楽しみを分かち合ってる♪素晴らしいワ!!」って。

よかった!!なんだかとても嬉しくて、家に戻ってから主人に報告。
主人は「よかったじゃん。」といいながらカレーを食べている。

夜の授業は6時-8時までなので、火曜日は作り置き出来るカレーになりやすい。
こんなにも心温まる話を聞いて、
そろそろ飽きてきたカレーにクレームを言いづらそうな雰囲気…。
じゃあ来週はシチューにしてあげるよ…。(苦笑)
翌日、南口近くのホテルを出た私達は、
ここのゲートから近いマリポサグローブをハイキングしてみた。

木

ここはジャイアントセコイアの森。
日本の杉にかなり近い種類で、世界最大の木だという。
中でも最大は、グリズリージャイアントという
高さ61m、周囲29m、推定樹齢およそ2700年という巨木!
ミュアウッズ国定公園もこんな感じだったけど、
ここのは本当に空に届くのではないかと思ってしまう程、
アニメの巨匠が見たら1ストーリーできるのではないかと思う程、
そして、私なんて本当にちっぽけだ…って考え込んでしまう程、
本当に本当にすごかった…。

枝

1時間程のハイキングはとっても充実したものになった♪

そして車を走らせ、再び中央のヨセミテバレーへ。
グレイシャーポイントを下から眺めながら、
いやーまいっちゃったね!」を連発して自然の中でランチ。(何に?)

壁

足元にはおこぼれを頂こうとかわいいリスや鳥がやってくる。
でもここでは絶対にえさをあげてはいけないことになっている。
人間に慣れた野生の動物達は、自分で餌を見つけようとしなくなり、
食べ慣れた自然の昆虫や木の実、魚の味を忘れ、
キャンプしている車やテントを襲う熊までいるそうだ。
動物の生態系まで崩れ、2万年以上かけて出来上がったヨセミテは
人間の自己満足によって全く姿を変えてしまうことになりかねない。

ここでは熊が駐車中の車を襲わないよう、人の臭いの付いた化粧品や食べ物は
頑丈なボックスに入れなければいけない。

ボックス

私達もおやつ用のチョコなど、ぜーんぶリュックに入れてハイキング。
と!!目の前に熊の赤ちゃんがいる!!!!すごい!!野生の熊だ!!
遠くから見ていると何とも愛くるしい☆
ベアちゃんと勝手に名付けた。そのくらいはいいでしょう♪

熊

ベアちゃんとの遭遇で、今回「ヨセミテでしたいこと」が全部達成できた!
本当に感動したし、満喫できた。

自然に洗脳され、4時間近くかけて帰ってきた私達は、
何かやっぱり人間として食べ親しんだものを…
と考えぬいたあげく、「ラーメン」を食べて家に戻ったのでした…。
食べ親しんではいるけど…。なんか違うような。(苦笑)
金曜日から1泊でヨセミテ国立公園へ行ってきた。

やっぱりすごい!!
トンネル

トンネルを抜けると、見た事のある景色が一面に広がっている!
ヨセミテバレーに入って行くにつれて、
遠くに見えていたブライダルベール滝
エルキャピタンがグングン近づいてくる。
1つ1つのビューポイントに立ち寄りながら
中心のヨセミテバレーに入ると…。

滝

そこにはものすんごい滝!!!
これが前回見る事のできなかった有名なヨセミテ滝かっ!
車を駐車場に入れて、シャトルバスで近くまで行ってみる。
それでもバスの停留所から滝のふもとまでは歩かなくてはいけない。

全体

バスを降りて少し歩くと、
もうマイナスイオンいっぱいの細かい滝のスプレーが顔に当たる。
そして、滝の真下から少し離れたところにかかる橋を渡る!
キャー♪遊園地のずぶぬれアトラクションみたい☆
なあちゃん

しばし私も主人も自然の凄さに感動。これが雪解け水なんて…。
自然とかアウトドアとか、あんまり興味なさそうだった主人も
かなり感動して写真を撮りまくっていた。

今回の宿泊は南口ゲートに近い、TENAYA LODGE
ヨセミテ付近のホテルにしてはとってもきれいで清潔&高級。

ホテルについた私は、「もう園内に残る雪は少なくなってるし、
あんな勢いで滝になって流れてたら、
明日もう涸れちゃったりしてないか心配じゃない?」
と主人にその感動と心配を打ち明けてみた。
が…、「そんなことないから大丈夫だよ…。(呆)」と。
…安心しました。

明日に続きます♪
主人が明日GW中の代休を取るというので
1泊でヨセミテ国立公園に行こうと予定している♪

ヨセミテ国立公園は世界遺産にも登録されていて、
カリフォルニアの東端にある、とても広大で美しい公園。
サンフランシスコから車で約3~4時間のところにある。
公園の中央にはヨセミテバレーと呼ばれるU字谷が東西に延びており、
初夏には雪解け水が大きな滝となってバレー全体に轟音をとどろかせている。
なんとアメリカ最大の落差を誇る滝らしい。

ヨセミテには、実は何年か前に行ったことがある私。
お仕事で来ていた時に、急にその時一緒だった同期から
「明日日帰りでヨセミテ行ってみない?」とお誘いを受けた。
「行きたい!!」と即答したものの、そんな事予定していなかった私は
近くのモールでショッピングでをするかのようなお洋服しか持って来ておらず、
買う時間もなく、悩み悩んだ結果、結局、
なんとスカートにエナメルの靴で行って来たのである…。

そんな格好で行ったが為に、ハイキング等出来なかったことが沢山あるし、
秋だった為にヨセミテのシンボルといわれる雪解け水の滝は
全く見る事が出来なかった…。

今考えてもよくそんな格好で行ったなーと思う…。(恥)
たぶん、アメリカが戦争を始める少し前かその頃で、
その後どんな状況になるか全く分からず、
このチャンスを逃したらもう行けないかもしれない!!
って確か焦って決断したんだったっけなあ…。

20060511233548.jpg

その時の反省が生かされて、今回は気合が入っている!
双眼鏡まで買ってきた!!
明日は絶対に美しい滝を見て、ハイキングして、満喫しなくては!
でも、夜になると今でも0度近くまで気温が下がるらしい…。
うっかりTシャツとジャージで行くつもりだった私。
寒さ対策も万全にしなくては…。(凍)
今日は元同期が遊びに来てくれた。
お仕事でサンフランシスコに来ているため、
夕方から夜までの限られた時間。

久しぶりのおしゃべりを時間を忘れて楽しんだ私達。
本当に楽しかった!!

会社を辞めてもう7ヶ月!
話を聞いていると、社内の様子や体制など、
どんどん変化していてもう話がついていけなくなっている…。
企業としては頼もしいことかもしれないけれど、
自分が勤めていた会社がどんどん知らない会社になるようで、
なんだかちょっと寂しい。

おまけに、私の勤務してた部署はそっくり来月
少し離れた場所にお引越しになるのだ…。
勤務してたときから、移転の話は進んでたし
プロジェクトもたちあがってた。
でも私が日本を出るときはまだ建物は工事中だったのに…。
時間が経つの早いなー!

これで私の知っていることがさらに少なくなってしまう…。
使い慣れた更衣室、自販機の並んだ休憩室、ロビー、エレベーター…。
今でも鮮明に思い出せるし、思い出もある。
毎日変わっていく社内の情報に付いていくのは大変だったけど、
その波から外れた今、よくあの忙しさについて行けてたと驚いてしまう。

同期を迎えて、夕ご飯は手作りパスタとサラダ、etc…。
何時になるか分からないので主人の分は要らないという。
が…意外と早く帰ってきた主人はCarl's Jrをお持ち帰りして夕ご飯。

カールす

にぎやかにおしゃべりする私達の傍らで、
久しぶりのファーストフードをひとり食べている…。
なんか…ごめんね…。(焦)
ここのところ、本当に気持ちのよいお天気が続いている。
今年は雨季が長くて、本当だったら3月初めくらいから晴れてくるのに、
なんと4月も半ばに入ってやっと雨季が終わった。

やっと春がやって来たと思ったら、
もうプールに入って遊んでいる子供達を見かけるし、
女性もノースリーブとサンダルの毎日!!

外出するのに絶対必要なのがサングラスと日焼け止め。
サングラスがないと本当にまぶしいし、
うっかり日焼け止めを塗り忘れると「腕時計焼け」をしてしまう…。

日焼け止め

私は今まで「似合わない」という理由で
サングラスを使ったことがなかった。

以前グアムの主人のところにちょこちょこ行ってたときも
必要だとは思いながら結局買わなかった。
グアムの免税店で試着したときに主人が面白がってくれたことが忘れなくて…。
でも自分で運転するとなるとやっぱり必要。
生まれて初めてサングラスを購入し、使用する毎日。

しかし!日差しは強いけど、ここの空は本当に気持ちいい!!
天候は人の心に影響するって言うけど、
ここの天気は人をハッピーにしてくれる気がする。

グアムで遊んでたときも思ってたけど、
もし、シェークスピアやゲーテがグアムやカリフォルニア出身だったら、
ロミオとジュリエットは歴史に残るハッピーエンドな
ラブストーリーだったかもしれないし、
若きウェルテルは悩まなかったかもしれない!

とは言いつつも、いったんこの天気に慣れてしまうと
NHKで日本の美しい四季や、ヨーロッパの小路が映る度に、
なんかいいなー…なんて思ってしまうのでした…。(苦笑)
2006.05.09 「先生」
ちょこっと気になっている事がある。
午前中、近所の教会で行われているESL。

教会

みんな授業中に何かあるときは積極的に質問するのだけど、
その際の先生の呼び方が様々。
一番多いのは「TEACHER!」。
あとはファーストネームで呼んだりもする。

中学生の頃、アメリカに憧れてハリウッド映画を沢山観たけど、
みんな学校では先生を「Mr.~」「Ms.~」で呼んでたような…
私はずっとそれに憧れてて、いつか留学して自分も先生を
「Mr.」「Ms.」で呼んで…って思ってたのに。
今はこれが普通なの?

高校がアメリカンスクールだった主人に聞いても、
やっぱり先生は「Mr.」「Ms.」で」呼んでいたようだ。
答えが欲しい私は、仲良しのタイ人のお家に遊びに行った時
旦那様(アメリカ人)に伺ったところ…

やはり「Mr.」「Ms.」で呼ぶのが普通らしい。
でも、「TEACHER!」でも間違いではないと言う。
なぜなら、教会でのアダルトスクールは
子供達が通う学校とは少々話が違うからって。
それから、先生をファーストネームで呼ぶ人たちは、
たぶん先生より年上なんだろうって。
なるほど!!!

みんなそれぞれの国で先生を呼んでいた呼び方を使っているのだろうし、
ここで私が急に「みんな!これから先生はこうやって呼ぼう!」
っていうのもなんだか無理があるし…
では遠慮なく自分だけずーっと憧れていた呼び方で呼ぶことにしよう!!

15年近く温めた小さな夢を、勇気を持って明日にでも叶えてみるか!!
それには質問するために予習せねば…(汗)
この2日間は私たち夫婦にとって久しぶりの連休だった♪
しかし、昨日も夜中3時近くまでサカつくをしてたらしい主人は
10時になっても起きてこない…。

結局動き出したのがお昼過ぎ。
何も目的や予定はなく、「とりあえずお出かけするか」となった私たち。
でももう午後だし、ナパのほうに行くにも
どこかのアウトレットに行くにも時間が無い。

「何か面白い事を」と考えだした本日の予定。
どこまで遠くのLONGS DRUG STOREに行けるかチャレンジ
かなりくだらなくて意味のない挑戦。(笑)

一番近くのLONGSは本当に家から車で3分の距離にある。
いつもそこで楽しいものを探すのが大好きな私たち。
日本でいう「マツキヨ」みたいに、薬だけでなく
食品や化粧品、BBQセットなんかもある。

サンフランシスコ市内にはないと推測した私たちは、
べイブリッジを渡ってバークレーへ。
そこで順調にLONGSを発見して行く。
発見だけだと意味が無いので、
一軒ずつ何か買ってマーキングしていくことにした。

なあちゃん

結局買ったのはブラジルに持っていくチョコやお菓子で一軒約$5など。
合計で7軒回った!!!
一番遠いのは、
10650 San Pablo Ave, El Cerrito CA 94530
車で1時間ちょっとくらいだった。

ロングス

でも、中には元教会だったらしく天井壁画の美しいLONGSや
野菜やフルーツまで売ってるLONGS(他では売ってない)もあり、
意味はなかったけど、かなりおもしろい旅だった!!
ブラジル土産も楽しく準備できて、
あとは本当にダイエットのみとなりました…。
それが一番難しい…。(悩)
今日は午前中からカイロプラクティックの予約があった為
サンノゼまで行ってきた。

その後、お昼ごはんにはサンノゼのダウンタウンにある
「海太」という、日本食のレストランへ。
主人は久しぶりの「ネギトロ丼」。

海鮮

私は「煮込みハンバーグ&コロッケ定食」。
ボリュームもあったし、味も東京の定食屋さんで食べるのと
ほとんど変わらない、日本の味。
揚げ物のころもがサクサクでおいしかった!!

その後ドライブ中に「YOSHINOYA」を発見!!
日本では味わえないあの牛丼の味が味わえるのかと思うと、
ここはアメリカだという事を忘れて食べてみたくなる!
ここは次回のお楽しみ♪

牛

しかし、ブラジル旅行まであと1ヶ月!!
主人は本気でダイエットに取り組まないといけない。

何しろ2年ちょっと前にグアムに引越してから
増えた体重が元に戻ってない!!
昨年の結婚式に日本にやってきた主人の両親は、
久しぶりに会ってかなり頼もしくなった息子にびっくりして、
その健康の全てを私に任せたのだ…。

その後もアメリカに来て、私が来るまで4ヶ月間。
気ままにおいしいものを食べ続けた結果が今の主人。
私が来て、さらに親知らずを抜いて4キロ程落ちたが、
まだ以前の体に戻るにはさらに6キロマイナスしなくては…。

焦る私と、開き直った主人。
「この暑い中、今日は野菜いっぱいの鍋にでもしなくちゃ…」
と考える私の隣で、主人は
ブラジルに行ったら食べたいものリスト
を作成中なのでした。(涙)
もうすぐ母の日ということで、
毎日行っている教会のESLの先生を囲んでランチ会をしてきた。

レストラン
カトリックの元シスターだという先生は白髪がきれいなおばあちゃん。
どんな間違えた解答を発表しても、
「いいのよ」って、包み込んでくれるような雰囲気を持っている。

香港から来ている女性が発案して、
今日は近くの「太湖閣」という中華レストランを予約し、
総勢20名ほどで、がやがやおいしい中華をいただく。

先生はとってもうれしそう!!
もう食べられないわよ!とか言いながら、満足そうに笑っている。

ここは2週間ほど前に主人とお食事に来たところ。
あの時は夜だったので、窓からの景色を楽しむことは出来なかったが、
今日は気持ちよく晴れた昼間だったので
窓の外の一面のラグーンを楽しむこともできた。

食事をしながら眺めるここの景色は最高にきれい。

正面

ここの景色が大好きな私は、
以前主人とここに来たとき、夜で真っ暗な窓の外を見ながら
「せっかくだから、夜はライトアップしたらいいのに!」
と言ったものだったが、
「!?…ここに住んでいる人たちは…大迷惑だよ…」
と静かに諭され、納得したのでした。
そっか、失礼いたしました。
私達は6月にブラジル旅行を計画している。
ただ今その準備の真っ最中!!
ガイドブックを買ったり、ブラジルビザを申請したり。
ブラジルに住んでいる主人の両親や
お祖母ちゃんに会えるのが本当に楽しみ!!

ブラジル

ブラジルについて全く知識の無い私は、
広大なアマゾンの熱帯雨林、果てしなく広がるコーヒー農園、
そして情熱的なサンバのカーニバルくらいしかイメージがわかない。

初めて主人に会った頃、ブラジル育ちだというのを知って
日本の反対側でさぞかし不便な生活を送ってたのではないか…?
と考えたものだった。
が、話によるとサンパウロは東京のような「大都会」で、
どちらかというとのどかな埼玉出身の私のほうが田舎者らしい…

ポルトガル語も全く分からない私は、
早速ガイドブックの巻末にある「旅のポルトガル語」を練習!!
旅行者がホテルやレストラン、駅などで困らないような
簡単な文章が載っている。
目に付いたものを声に出して練習してみる。

「テン ウン クアルト ヂ ソウテイロ?」 Ten um quarto de solteiro?
「ケーロ トロカー オ クアルト」 Quero trocar o quarto.
「クアル オラリオ ド カフェ ダ マニャン?」 Qual horario do cafe da manha?

主人が大爆笑!!!!

発音もオカシイらしいが、何よりその意味。
「一人部屋は空いてますか?」
「部屋を変えてください」
「朝食は何時ですか?」

今回宿泊は主人の実家。嫁として初めての訪問!!
この練習は…適切ではありませんでした。(焦)
2006.05.04 日本の味
頑張って9連勤した主人が今日は代休。
お疲れさまでした!
私も疲れた(?)ので、今朝ゆっくりめに起きたら…。
もう主人はテレビの前で戦いを始めてる!!!!

お店

朝食の後、Los Altosのケーキ屋さん、「Satura Cakes」に行く♪
日本のカフェのような店内で、奥様方がお茶をしている。
おいてあるケーキも実に繊細で、
日本のちょっとしたパティスリーにも負けないくらい!!
アメリカのケーキといえば、スーパーにある
カエルのかざりのついた不気味なくらい緑のケーキとか、
バタークリームでこってこてになったものしか
思い描いてなかったから、ここの発見は実に嬉しい!!

サチュラケーキ
その後、サンノゼの「リンガーハット」でランチ。
日本では私も主人も行った事なかったのに、
ここではよくお世話になっている。
最初ベイエリアに住み始めた頃、ホームシックになって
日本を求めてすがるような気持ちでここに入った事を思い出した。

その頃は「チャーハンの上に福神漬けが乗っている」
というのが実にがっかりで、
やっぱりここはアメリカなんだ…」
とヘコんだものだった。

チャーハン

でも今は笑って食べていられる。味はおいしいし♪
時間が経つのって早いなー…私も強くなったもんだ!

主人が疲れているのではと気遣って、今日は行きも帰りも私が運転。
条約違反になるので、「眠い」こそ言わなかった主人。
でも1分刻みくらいであくびして、早く帰りたそう…。
ん?これは早く帰ってテレビの前に座りたいのか…!?
もう少し細かい内容で条文決めればよかったかな…(焦)
平日午前中、教会で行われているESL(英語のクラス)。
私はもう1つ、住んでいるマンションで行われている、
居住者のみのクラスにも参加している。

さすが、カリフォルニア。
マンション内にも色んな国の人がいるのだ。
1階にあるゲストルームで、毎週火曜の夕方2時間のみのクラス。

20060502212757.jpg

先生は素敵なアメリカ人女性。
ハリウッド映画で、一流企業のデキるボス役とかにでてきそう。
生徒はいつも4~5人。
ロシア人の老夫妻。もうひとりロシア人のおじいちゃん。
私と、台湾から来たかわいい女性。
お休みしたり他のメンバーが来ることもあるけど、
これがいつもの固定メンバー。

授業の進み方も丁寧で、ここでの生活で困った事なども
みんなで英語で話し合ったりもする。

みんなの楽しみになっているのが
台湾人の女の子がいつも連れてくる赤ちゃん!!!

英語を勉強したいけど、まだ赤ちゃんは手のかかる7ヶ月。
旦那様が帰宅してない時もあるということで
ベビーカーに乗せてやってくる。
先生もみんなも大歓迎!!
たまにグズって泣いてしまう事があると、
みんな自国の言葉であやし始める♪

それぞれの国でのあやし方や、子供や教育・学校の事、
それに関わる英語なども自然に覚えられるチャンス!
かなり充実している!

パパはインドの方だというこの赤ちゃん。
このまま行ったらいったい何カ国語を覚えられるんだろう!? (羨)
先週タイ人のお友達と一緒にCOSTCOに行ってきた。
日本にもあるらしいけど、学校の体育館みたいな大きな店内に
天井に付くくらいまでの品物が並んでいる。
他に比べてお買い得になってはいるが、
全て大量買いしなければいけない。

二人暮らしの私たちにとって
トイレットペーパーやボディーソープはまだいいとしても、
牛乳や卵のデカ売りはちょっと困ってしまう…。

周りのアメリカ人は大きめのカートにバターやらチーズやら、
日付の気になるものですらガンガン入れていく。
ねえおじいちゃん、そのクッキー何年かけて食べるの??湿気ない?
でもきっと余裕で食べ切れるんだろうな…。

私もお買い物の楽しさと彼らの買いっぷりに釣られて
ついつい買ってしまった。

コスコ

が…先ほど確認したところ、卵は賞味期限まであと11日!
ハンバーグに1個使ったけど、残りはあと23個。
牛乳はあと8日!ほぼ1ガロン(3,78L)残ってる…!!!

主人のコレステロールを気にして卵は控えていたけど、
この調子では今日から1人卵1個はマストのようだ。

卵と牛乳の大量消費という課題を抱えて、
責任感の強い私(?)はパウンドケーキを焼いてみた。卵2個使用!!

ケーキ

そしてケーキと一緒に大量の牛乳を使ったロイヤルミルクティーをいただく!
少し牛乳パックが軽くなった!!!
主人にも後で同じものを是非食べてもらおう!!
ふー、これで先が見えてきた。

それにしても、「だったら普通のお店で小さいの買ったら?」
っていう帰宅後の主人の言葉が怖いくらいに想像できるんですけど…。(汗)
2006.05.01 お疲れ様…
週末なのに、GW中ということで今日も出勤の主人。
私は学校もないし、ぽっかり暇になってしまった。

で、午後から車と「BART」というこのエリアの電車を乗り継いで
1人でサンフランシスコまでお出かけしてみた。

昨年度までお仕事をしていた為、
GWをのんびり過ごすチャンスがなかった。

ドラゴンゲート

というわけで、今日は久しぶりのGW!!
1人で気ままにのーんびりお買い物やらお散歩やらをしてみる。

ひと休みはMACY'Sの4階にあるカフェ。
ここはちょうどエスカレーターの裏にある為か穴場で、
スタバや他のお店は長蛇の列だったのに、まだ何席もあいてる!
アイスコーヒー$1.75をオーダーし、窓側の席に座る。
ここは一面ガラス張りなのでユニオンスクエアを一望できるし!!!

ユニオンスクエア

こういう時間は久しぶりだー♪
中華街で12枚$1.00で買ったハガキを眺めてみたり、
日本人観光客見物もできた。

全身「SF GIANTS」のユニフォーム着て、
ボンズが今日打ったらさ~」って話しながらすれ違ったお兄さんグループ。
いいねーいいねー、GW満喫してるねー!!

夕方になり、仕事の終わった主人と一緒に私の車がある駅まで向かう。
そこには7連勤目でクタクタになった主人がいるのでした…。

なんか1人でエンジョイしてしまって申し訳ない…。
今日は昨日の平和条約より多めに楽しませてあげよう!
でも10分だけだよ…。(焦)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。