上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.19 リサイクル☆
水

日本と違ってゴミの分別がかなりいい加減なここアメリカ。
日本で暮らしていたときは「燃えるもの」と「燃えないもの」はキッチリ分けたし、
「燃えないもの」でも「ペットボトル」はまた別だったり、
区や市町村で決められた分け方をちゃんと守らなければいけなかった。

でもここはかなりルーズ☆マンションに住んでいるので、
ゴミはまとめて各フロアにあるゴミ置き場にもって行き、
普通のゴミは「ガーベージ・シューター」へポン。
ビンや缶などだけ別に置いておけばOKという具合。

この「シューター」に間違えて空のペットボトルを入れてしまっても、
お咎めを受けることはないし、最初ここへ来た頃なんて
日本にいるときのクセで牛乳のパックなどをビンと一緒にリサイクル箱に入れていたら、
後になって私の捨てた牛乳パックだけ「シューター」に投げ込まれていたことも…。
分けたビン達も、この分だとちゃんとリサイクルセンターに届くのかもアヤシイ…。

最近になって、クラスメートが「Costco」の駐車場に停められたリサイクル用のバンに
ビンや缶、ペットボトルなどをちゃんと持っていっていると聞いた私。
それなら地球環境の為に!!!と溜まったペットボトルやビン類を今日初めて持って行った。

スーパーのビニール袋2つに入った資源ゴミは、
白塗りのバンの中で働くTATTOいっぱいのお兄さんによって丁寧に選別。
全部渡して気分よく帰ろうとした時、お兄さんに「お金わたすから、待って」と!
お金!?そうだ、そうだ、聞いたことあった☆これかー!!
そして2袋の資源ゴミと引き換えにいただいた、その額なんと68セント(75円程?)まいどっ!

何でもいいのかと持っていった牛乳のプラスチックパックや、パスタソースのビンなどは
「お金にならなくていいなら置いてっていいよ」と…。
ビンの裏に「CA CASH REFUND」と記入があるもののみ、
キャッシュバックの対象になるらしい。

小さい時、飲み終わったコーラのビンを酒屋さんに持っていくと
10円もらえると聞いたことがあったけど、それから10数年してゴミ分別大国となった日本☆
めんどくさいけど、地球のためだから頑張って分別しないと。
しかーし…毎回いちいち持って行くのはやっぱり大変かも…。
アメリカでも各マンションや家できちんと資源ゴミの分別をするようになる日がくるのかなぁ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://puppy7.blog64.fc2.com/tb.php/102-bf5c6c6d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。