上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リンカーンセンター

先週の事になるけど、またまた大好きな仲良し先輩が
NYへ飛んできた♪♪実は先輩、もうすぐ退職されるとの事。
その話を聞いた前回、かーなーり落ち込んだ私…。
で、お仕事で来るNYはこれで最後となる先輩のリクエストは…、
NYフィルを聴きにいきたい!」というもの。
おーっけ!!!任せてくださ~いっ!!!

早速チケットをゲット。この日が演奏のある日でほんとよかった♪
最近北朝鮮でも演奏し、話題になったNYフィル。
アメリカで最も伝統のあるオーケストラ☆
楽しみ半分、寂しさ半分…何とも言えない気持ちでその日を待つ私。

当日、先輩と待ち合わせ。なーんでもないかのように、
今まで同様ぺちゃくちゃしゃべりながらリンカーンセンターへ。
オペラを観に来た「アカデミー賞」級のドレスをまとったセレブ達が、
ぐんぐん建物に吸い込まれていくのを眺めながら、コンサート会場へ☆

考えないようにしててもつい寂しいなー」を連発してしまう…。
先輩にとっては祝福すべき門出なのに、
「会社にいる=いつでもNYへ来るチャンスアリ!」と思ってた自分勝手な私。
これからなかなか会うチャンスがなくなるかと思うと、
最高に楽しかった「黄金時代」の記憶が余計にフラッシュバック。

2009年よりNYフィルの音楽監督となる、
アラン・ギルバートの指揮による演奏は本当に素晴らしいもの!!!!
でも、私にはハイドンのバロック調の調べが寂しさをまた思い出させて…。
最後のベートーベンを聞いてる頃には、力強い曲に感情が後押しされ、
思わず涙がポロポロ…。泣いてしまった…。
自分のラストフライトでは全く泣かず、ずーっとヘラヘラしてたのに…。

演奏が終わり、「泣いちゃいましたよー…」と先輩を見ると、
先輩も少々ウルウル。「ベートーベンで泣いたって思われたくないですよね」
と笑うと、「え!?違うの!?」と先輩…。んもー…。最後までウケるぜ♪♪

帰りのタクシーの中でぎゅっとハグ。あっという間に訪れた最後の時間。
私の泣きっ面をいーっぱい知ってる先輩に最後まで泣きっ面をご披露。
あー、なんてこった…。ダサいわー、私。

遠く離れてても思い出は永遠ですよ~ん♪友情?師弟愛?は不滅でっせ。
またいつの日か、今までみたいに明るく笑っておしゃべりしましょーっ!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://puppy7.blog64.fc2.com/tb.php/383-7729da34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。