上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
店内

NYでステーキと言えば…で思いつくのって、
Smith & Wollensky」か「Peter Luger」じゃないかと☆

Peter Lugerで以前頂いたランチもボリュームたっぷりで、
いかにもアメリカ!」な感じ満点のニクニクしいものだった。

で、今回このレストランウィークで予約したのが、
Smith & Wollensky」!!!!行ってみたかったんだよね~~♪♪
(他の都市にも支店はあるみたいだけど☆)やっぱり肉食獣だわ私…。

プラダを着た悪魔」で、主人公のアンディが激恐ボス、
ミランダに「15分以内にステーキ用意して」って言われ、
慌てて走って厨房にまで取りに行ったお店。
結局用意すると「要らないワ」って…。怒ったアンディが、
会社の流しに「ガチャーン!」とお皿ごとステーキを捨ててたっけ。

レストランウィーク中のメニューにはステーキないんじゃ?
と心配してたけど、ちゃーんと「フィレミニョン」アリ!!!!!
んじゃ、これで♪♪♪って事で、いただきまーす☆

ステーキ

シンプルすぎるくらいシンプルに
白いお皿にゴーンと乗った私のフィレミニョン☆
そのお味は…んまいっ!!!!!!
ここのお店オリジナルのステーキソースも美味~。
柔らかくってジューシーで…もっと早くに経験しておくんだった。

サラダ

ステーキ屋さんだけあって、アペタイザーは普通のサラダ、
もしくはクラブケーキくらいしかチョイスがなかったり、
デザートは「これぞアメリカ!」なこってりチーズケーキや、
チョコレート「LAVA(溶岩)」ケーキみたいのだったり。

そこはフレンチやイタリアンと違って期待はしてはいけないとこ。
しかし!お肉に飢えた時、ここは間違いなくお腹を満たしてくれる!

やっぱあたし、前世はライオンなのかもー…。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://puppy7.blog64.fc2.com/tb.php/419-5ae79d90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。