上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンプル

土曜日に参加した両親学級では参加者全員に、
アメリカで一番知名度のある粉ミルクなんかのサンプルが
沢山配られた☆ぶっちゃけどんなモノを買っていいのか、
まーったく知識のない私たちにはありがたい話。

ミルク

缶に入った粉ミルクのほかに…なーんと!!!!!
もうできてる」ミルクがっ!!!!!
なんと缶ジュース状に、プルタブが付いてるー。
まるでオトナがシュポッって開けてグビグビ飲めてしまいそうな。

他にも6個入りの既製ミルクが。こちらはこのままフタをはずし、
そのまま哺乳瓶の乳首をつけて赤ちゃんにあげられるとか☆

噂には聞いてたけど、何より驚いたのは…、
アメリカではミルクをお水で作るってこと!!!!!

仕事をしてた時、よくお客さんに頼まれてミルクを作ったけど、
熱湯消毒した哺乳瓶に粉ミルクを入れて、
規定の量まで「熱湯」を入れてたような…。
んで、「人肌」まで冷ますために氷やら水やらを張った入れ物の中で、
ひたすら冷やす…という、なんともめんどくちゃい作り方だった。

それがコチラでは「水」で溶かしてそのまま飲ませちゃうという☆
中にはやっぱり「人肌」まで温めて飲ませる人もいるらしく、
ミルクを温める入れ物が売ってるけど、「そのまま派」も多数。

文化の違いってこんなとこにもあるんだー。と改めて実感。

さらに、日本じゃミルトンやらなんやらと使った哺乳瓶を消毒する
消毒キットがあって、新米ママは必ず手に入れるものだと思うけど、
こちらは…使った哺乳瓶は「食器洗い機」で充分!と言う…。
確かに、熱風で最後乾かすので殺菌出来るっちゃー出来るかも…。

母乳をあげるときにいちいちママのおっぱいを拭かなくていいとか、
そりゃ楽だけど目からウロコなことばっか。

…たぶん、楽なほうのやり方をすることになるんだろうな、私…。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://puppy7.blog64.fc2.com/tb.php/432-80106a8d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。